安心からはじまるクオリティ・オブ・ライフ《生活の質》を高める医療を。

北水会記念病院

029-303-3003受付時間 8:30~17:30
日曜・祝日・休診日を除く

泌尿器科の手術

泌尿器科が扱う領域を大きく2つに分けると、尿路系・生殖器系となります。腎臓から尿道を対象とするのが尿路系、生殖器系は男性なら精巣・陰嚢から前立腺・陰茎まで、女性ですと子宮や膣が対象となります。

これまで泌尿器科は男性生殖器へのアプローチが主でしたが、骨盤臓器脱の治療を中心に女性のための診療が増えてきています。身体の不調や違和感を放置せず、気になることがありましたら何なりとご相談ください。患者さん主体の医療を提供していきたいと考えております。

泌尿器科手術を知るための5つのポイント
  1. 尿道スリング手術(TVT手術、TOT手術)
  2. メッシュ手術(TVM手術)
  3. 腹腔鏡下仙骨膣固定術(LSC)
  4. f-TUL(経尿道的尿路結石手術)
  5. 医師紹介

1. 尿道スリング手術(TVT手術、TOT手術)

手術方法
膣の壁を1cmほど切開し、メッシュ状のテープを入れて尿道を支えます。
有効性
手術の有効性も高く、完全に治ってしまう人と、大幅に改善する人を合わせると改善率は90%程度です。
手術時間
約30分程度で、手術3日後には退院できます。
対象年齢
30代~90代まで手術は可能です。

TVTとTOTの違い

TVT(tension-free-vaginal tape)手術は1993年に開始されました。その低侵襲性、成功率の高さ、再発率の低さから、腹圧性尿失禁手術のスタンダードとなります。しかし、症例の蓄積につれて腸管穿孔や大血管の損傷などが報告され、より安全な術式としてTOT(trans-obturator tape)手術が考案されました。

TOT手術は骨盤内手術の既往のある方や放射線療法後の方にもほぼ安全に行えます。当院では第一選択としてTOT手術を行い、腹圧性尿失禁が残存した場合にはTVTを追加して行うことを提案しております。

2. メッシュ手術(TVM手術)

2000年にフランスのグループが開始した手術。子宮をとる必要がなく、また子宮が摘出されている方にも実施が可能です。合併症が少なく、メッシュが強いため長期安定的で従来法より再発率が低いのが特徴です。本邦でも2005年よりメッシュの使用が可能となりました。健康保険が適応されます。

メッシュの素材
鼠径ヘルニアの治療で一般的に使用されるポリプロピレンメッシュです。
設置場所
膣前壁:メッシュを膣と膀胱の間に置き、膣前壁を補強します。(図1)
膣後壁:メッシュを膣と直腸の間に置き、膣後壁を補強します。(図2)
  • 図1:メッシュ設置場所(膣前壁)
  • 図2:メッシュ設置場所(膣後壁)

3. 腹腔鏡下仙骨膣固定術(LSC)

腹腔鏡下仙骨腟固定術(Laparoscopic Sacral Colpopexy, LSC)は腹腔鏡下に骨盤臓器脱を治療する方法です。
欧米では骨盤臓器脱の治療のゴールドスタンダードとして以前から行われてきた術式ですが国内では先進医療として限られた施設でしか手術を受けることができませんでした。平成26年4月からは健康保険の適応となり、届け出をした施設では保険診療としてこの手術が行うことができるようになりました。

腹腔鏡を用いた仙骨膣固定術(LSC)治療の特徴

利点
  • 膣をさわらないので性交渉に対して影響がほとんどない
  • 痛みが非常に少なく出血が極めて少ない
  • 再発が極めて少ない
  • 股関節に病気があり、開脚制限があっても対応可能
欠点
  • 手術時間がやや長い(約4時間)

4. f-TUL(経尿道的尿路結石手術)

手術方法
軟性、細径の尿管鏡やレーザーファイバーを用いて、結石を砕石する方法。当院では、可動性の増した軟性尿管鏡(URF-V2:オリンパス社)とホルミウムレーザー(バーサパルスパワースイート:ルミナス社)を使用したf-TULを導入しています。
有効性
f-TULという新しい治療法により、結石破砕と摘出の安全性と確実性が向上し、腎臓内部の結石まで砕石し摘出できるようになりました。
手術時間
麻酔を含めて2時間程度です。
入院期間
4~4日間です。尿管ステントの抜去は術後の状態によりますが、約2週間後に外来にて内視鏡を用いて行います。

画像提供:ボストン・サイエンティフィックジャパン株式会社

ESWLとの違い

ESWLはレントゲンで結石に衝撃波の焦点を合わせて、衝撃波を当てることで結石を破砕する方法です。これは入院期間も短い利点はありますが、結石が破砕される保証はなく、細かく破砕された結石が体外に排出されるまでに疼痛や発熱などの症状を呈することもあります。一方、TULは入院し、麻酔をかけた状態で内視鏡を挿入して、結石をモニターで見ながら破砕する方法です。これはESWLに比べると2〜3日程度入院期間を要しますが、直接見ながら結石を破砕するので砕石効果を直接しることができ、また破砕した結石を直接体外に取り出すことができます。

5. 医師紹介

佐藤 広高(さとう ひろたか)

日本泌尿器科学会専門医・指導医

泌尿器科一般の疾患を診療しますので何なりとご相談ください。骨盤臓器脱(膀胱脱、子宮脱、直腸脱)に対するメッシュ手術を現在までに150例施行しています(平成23年1月から)。本年秋から腹腔鏡下膣仙骨固定術も導入予定です。
尿失禁のテープ手術(TOT)も行っています。現在までに50例施行しています(平成23年1月から)。
尿路結石症に対してはホロミウムレーザーによる内視鏡手術(硬性鏡、軟性鏡)を行っています。女性骨盤臓器脱手術、尿失禁手術や尿路結石症手術はいずれも低侵襲であり短期間(クリティカルパスの利用)の入院で対応していますので遠慮なさらず何なりとご相談ください。

診察曜日:月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日

経歴:
平成 9年  日本大学医学部 泌尿器科学教室へ入局
     日本大学医学部附属板橋病院、駿河台日本大学病院にて研修
平成11年 日本大学医学部泌尿器科研究医員として勤務
平成15年 日本大学医学部大学院修了、学位取得(前立腺癌の遺伝子異常の解析)
平成16年 東京都立豊島病院泌尿器科に勤務
平成17年 日本大学医学部附属練馬光が丘病院泌尿器科に勤務
平成21年 小豆畑病院に勤務
平成27年 北水会記念病院に勤務

所属学会:日本泌尿器科学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本女性骨盤底学会

業績

第41回日本癌治療学会総会 2003年10月22−24日
Dual-color FISH法による前立腺癌の発生、進展に関与する遺伝子異常の解析 筆頭

第41回日本癌治療学会総会 2003年10月22−24日
Bosniak分類Category IIIの再評価 特に画像所見と術中所見との比較 / 嶺井定嗣 佐藤広高

第41回日本癌治療学会総会 2003年10月22−24日
表在性膀胱癌における上部尿路再発の検討 / 森田恒太郎 佐藤広高

第42回 日本癌治療学会総会 2004年10月27日
マルチスライスCTを用いた尿路上皮癌のスクリーニング / 嶺井定嗣 佐藤広高

東京地方会 2003年 2月21日
同一腎に淡明細胞癌と乳頭状腎細胞癌が認められた腎細胞癌の一例 筆頭

第27回 SIU 2004年10月3日
Fluorescence in situ hybridization (FISH) analysis of c-myc amplification and loss of P53 in stage T3 N0 M0 prostate cancer in Japanese patients

第43回日本癌治療学会総会 2005年10月26日
前立腺全摘除術後外科的切除縁陽性例の遠隔成績と予後規定因子の検討 / 蜂矢隆彦 佐藤広高

第91回日本泌尿器科学会総会 2003年4月2日
Stage C前立腺癌におけるFISH法による7,8,16番染色体数的異常の解析 筆頭

第98回 AUA 2003年4月26日
FLUORESCENCE IN SITU HYBRIDIZATION (FISH)
ANALYSIS OF C-MYC AMPLIFICATION IN STAGE
T3 N0 M0 PROSTATE CANCER IN JAPANESE PATIENTS

第94回日本泌尿器科学会総会 2006年4月12日
根治的前立腺全摘除術後の尿禁制に関する検討 / 山中弥太郎 佐藤広高

第94回日本泌尿器科学会総会 2006年4月12日
Bellini管癌(集合管癌)の臨床的検討 / 吉沢剛 佐藤広高

第78回日本泌尿器科学会東部総会 2013年10月17日
当院におけるTVM手術合併症に関する臨床的検討 筆頭

第16回日本女性骨盤底医学会 2014年7月12日
当院におけるTVM手術前後の過活動膀胱合併例の検討 筆頭

第79回日本泌尿器科学会東部総会 2014年10月12日
過活動膀胱を合併した骨盤臓器脱患者におけるTVM手術前後の下部尿路症状についての検討 筆頭

第17回日本女性骨盤底医学会 2015年8月1日~2日
当院におけるポリフォームメッシュ使用TVM手術の比較検討

第104回日本泌尿器科学会総会 2016年4月23日~25日
当院におけるポリフォームメッシュ使用TVM手術周術期の検討

第18回日本女性骨盤底医学会 2016年6月11日~12日
当院における腹腔鏡下仙骨膣固定術(LSC)の初期経験 / 佐藤広高 佐藤克彦 持田淳一 安部弘和

第23回 茨城県鏡視下手術研究会 2016年11月5日
当院における腹腔鏡下仙骨膣固定術(LSC)の初期経験 / 佐藤広高 佐藤克彦 持田淳一 安部弘和

論文

2006年6月 13巻 6号 761−766
Fluorescence in situ hybridization analysis of c-myc amplification in stage T3N0M0 prostate cancer in Japanese patients 筆頭

2004年12月 11巻12号 1133-1135
Multicentric liposarcoma. 筆頭

2002年7月 9巻7号 398-401
Combined tumor consisting of non-functioning adrenocortical adenoma and pheochromocytoma in the same gland. 筆頭

2002年11月 61巻11号 396-402
日大医学雑誌
局所浸潤性前立腺癌におけるFISH法を用いたc-myc遺伝子異常の解析 筆頭

2003年12月 12巻2号 114-119
日本小児泌尿器科学会雑誌
乳児期までに発見された水腎症の検討 / 吉田利夫 佐藤広高

2003年3月 16巻3号 241-244
泌尿器外科
嫌色素細胞性腎癌の4例 / 咲間隆裕 佐藤広高